2006年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

思い切って、病院を変えてみた・・・

小豆が生まれてから、ずっとかかっていた(ペットショップのおじさんも)病院から、別の病院に移るのは、すごく勇気が必要でした。
でも、試しに、診てもらうのも、いいことに違いない、と思い切って出かけてみました。 
・・・そしたら、もう一度いろいろ検査(皮膚)して、なんだか振り出しに戻った感じを受けたけど・・・治療の方向性が、今までの先生とぜんぜん違っていて、ビックリ。 説明の内容は、遠からず、なんだけど。

1.小さい子に除去食なんてかわいそうだし、健康上心配。
   →除去食は直ちにやめて、フードで栄養を満たすこと。
2.実施した血液検査は、かなりラフで、どのフードなら大丈夫なのか特定ができず、不適当。
3.ダニの除去にも限界があるよ、仕方ない。 ゼロにはできない。 ある程度でギブアップするしかない。
4.毛根に球菌が多く見られる。
   →シャンプーの仕方、注意。
5.シャンプーの方法も種類も重要。
   →アデルミルは、汚れを取りきれないから、別のも使って。   
5.時々かゆくなることなんて、人間でも誰でもある。
   →要は気にしすぎるな、ということですね。
6.薬で治そうなんて大間違い。
   →でも、一旦ついた球菌は、薬で消すしかない。 =まず弱い抗生剤から。

・・・ってな感じのことを、ざっくばらんにお話されました。
処方されたシャンプーと抗生剤はこれ。
20071103220034.jpg20071103215434.jpg

スポンサーサイト

| 体調 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アデルミルとの出会い

除去食効いているのかなぁ???
今日は、湿気も高くなく過ごしやすかったはずなのに、プツプツがある・・・ おしりの方には、赤いものも。

なーんて日に、たまたま獣医さんが常駐しているショップに入って、相談をしたら、ビルバックのアデルミルを紹介されました。

もちろん、薬じゃないから、急にブツブツが消えてなくなったりはしないけど。 このシャンプーは、荒れやすい皮膚の(特にフレンチなどの皮膚が弱い子)表面にコーティングをして、肌を守って、ブツブツができにくくする効果があるらしい!

残念ながら、このお店、購入した日が、閉店前日でした・・・
でも、出店していた獣医さんが近隣であることが分かりました。

| 体調 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おやつ

ご褒美にも、ふかしイモだった小豆。
米粉とかぼちゃで、ボーロもどきを作ってあげた。 喜んで食べてくれてありがとう。
20071103203259.jpg

| 体調 | 21:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2006年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。