PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

千葉県動物保護センター/収容犬情報

フレンチブルドッグの女の子が保護されているそうです。
こちら→千葉県動物保護センター

保護場所: 本埜村中根
収容日: 1月15日
収容期限: 1月21日

本埜村といえば、白鳥の飛来で有名なのどかな場所です。
1月15日は、その辺りで収容活動をされたのだと思いますが、
それにしても、コーギー、フレンチブルドッグ、ボーダーコリー、ポメラニアンと
雑種ではないワンちゃんばかり、同じ日に同じ地域で保護というのは不自然で、ちょっと、不信感を抱いてしまいますね!

飼い主さん、センターに助けに行ってあげてください! 待ってますヨ!!
また、なにか心当たりがある方、飼い主さんに連絡してあげてください。
早く家族の元に戻る事が出来ますように!

情報は、フレンチブルドッグの広場の掲示板でも、更新されると思います。→ココ


センターに電話しましたところ…

フレンチブルドッグは、おなかが大きく、もしかしたら、妊娠後期ではないか?ということで、有識者団体(保護団体と思われます)に、引き出しされ、診察、保護をされる事になった、とのことでした。

ついでに、他の、同日同地域で保護されたワンちゃんたちについて、確認したところ、純血種がまとめて保護されている事から、やはり、放棄犬の疑いを持っていらっしゃるようでした。 ポメラニアンは、保護されて間もなく、亡くなり、ボーダーコリーと、ミニチュアダックスは、里親希望者があるそうですが、大きめのダックスと、コーギーは、今日中に希望が無ければ、処分されてしまうとのこと。 
コーギーは、ちょっと、性格的に荒れているので、特に、里親が見つかりにくいと、声を曇らせていらっしゃいました。 雑種も、もちろんだけれど、純血種なら、どうにか今日中に、里親希望者が出て来てくれればいいのだけれど…、と。

取り急ぎ、情報アップさせていただきました。
スポンサーサイト

| News | 21:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hotdiggitydog1.blog123.fc2.com/tb.php/139-d5c43179

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。