PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おいしい??

かなり申し訳ないと思ってはいるのだけれど…、夫と私は同期入社の同僚が転じて夫婦となった関係ということもあり、つい、三つ指をついて仕える事を忘れてしまう。
共働きという環境も、夫の地位向上を妨げる原因だったかもしれない。
授かった娘が思春期に入ると、あらら、と思うほど、パパに辛口。

きっと、私のせいだ…

夫は、元々猫派だった。 
猫をかまうのと同じやり方で、小豆にかまうから、娘同様、時々手痛く反抗されている。
家族の中の上下関係を指摘する訓練士もいらっしゃるようですが…
やっぱり、接する時間と、犬にとって分かり易い行動を取るということが、仲良くなるポイントだと思う。 今、一番小豆を注目しているのは私だから、小豆の態度も私のせいかな…

私の記憶にある父は、面白いけど、感性が鋭く、物知りで、怖かった。
つまらないだじゃれにも、「さぶっ!」なんて言える筈も無い。
両手たたいて、わっはっは ┗|*`0´*|┛ワッハッハ!!

長いうんちくにも、相づちのタイミングを外さず! φ(◎。◎‐)フムフムフム
*モチロン、大事な話を沢山してくれたんだけどね! パパありがとう!

「ウチノパパトハ エライ チガウアツカイデスネ…」
at home-20080307-1


そうなのよ、なんせ、鹿児島出身の九州男児だからね!
私が小さい頃…、接待や飲み会で遅くなると、まるでよくある漫画みたいに、
お寿司を一折お土産に下げて帰って来た。  
午前様じゃないにしても、かなり遅い時間。

まず、犬達がおこされ、焼き鳥のお持ち帰り(残り物)をいただく。
もちろん、オスワリ、マテ、いただきますのワンなど、散々トリックをした後にね!
そして、私達をおこす。 
寝てるんだから、と止める母。今日のうちじゃないと、旨くない!と押し切る父。
寝ぼけたまま布団をでた私と兄に、すしを食えという父。
とにかく眠いから、何か一つ(私はカッパ巻きとか、穴子とか)食べて、

「パパ、おいしい♪ ありがとう! 続きは明日食べるね!」

というと、戻って眠る事が許されるのだ。
犬や私達兄弟にとっては、ちょっと、迷惑だったりするけど、おくびにも出さない。
これを、威厳というのだろうか? 
ともかく父が一番偉い!という演出?を欠いた事はない。
こんな家で育ったのに、夫と私の関係は、ずっと同期入社のカップルで、フラットだった。
夫も九州男児の2世でもあるのに、ちょっと、申し訳ないけど、過ぎた時間と出た言動は戻せないのだ。 悪いね。

今週、小豆の生食用のお肉を頼んだ。 (うまい肉屋

少しずつ慣らそうと、ドライフードや大好きな人参やスナップエンドウと一緒に…
準備を始めた時点で、クレートで寝ていた小豆さんが台所で、姿勢を正して私を見上げていました。

food-20080307-1.jpg


少しから、ね。
ハイお食べ~!!

food-20080307-2.jpg


瞬殺! ┗┃ ̄□ ̄;┃┓ ガーン!!

おいしかったのかな~??
ビックリお目目(食べた事無いもんね、生肉)ですが、初日だから、追加はナシ!
名残惜しそうに、何度も何度も、ボールを確認したり、周りをなめたりしている。

さ、寝ていいよ。
*いきなりごちそう出して、これじゃ、夜中におこしてる私の父みたい?
スポンサーサイト

| News | 23:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。