PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

七夕☆イブ

蒸し蒸しする日だった。 いつもより、風がぬるい…。

at_home-20080706-1.jpg
「キョウリュウタイジノ ゲンキモ アリマセン…」

すっかり、バテバテの小豆サン。
私は、自然の風をいれるのが一番すき…、でも、小豆サンのハーハーと荒い息づかいを聞くと、さすがに、

どがんじゃいせんばイカン!
 
注:宮崎弁でいうところの、どげんかせんばイカン!、佐賀弁版。

というわけで、ドライの風少ないモードなど、時々入れたりして…。
こんなに、節約やエコが話題になる今、本当に、すいません。

お詫びと言ってはナンですが、食後は、電気を消して、ロウソクつけてみたりして。
untitled-20080706-1.jpg


±0ってことに、してくれないかなぁ?

ところで、明日は、七夕。
今日は、無理矢理言えば、七夕イブ。
七夕そのものに、特別な思い出はないんだけれど…
・七夕とかいて「たなばた」と読む事、
・ちょっと、スキャンダラスな織姫と彦星の物語、
・そして、地方によっては、盛大なお祭りをする事、
…色々な意味で、ちょっと、ムズカシイ?、不思議なイベント。

選ばれた巫女が、祖霊を迎えるための着物を織るために、
作業場に、いわば軟禁されて、お仕事に専念させられるってのも、とっても宗教的な臭い…。 
で、そこで使っていた、はたおり機のことを棚機(たなばた)と言ったそうで、ソレが語源らしい。 ともかく、はたおりに専念出来ないほど、大好きな男の子がいて、あまりに、仕事にならないから(もしかして、納期遅延起こして、クライアント=祖霊の逆鱗に触れたとか?)、彼に会わせてもらえなくなっちゃった、って話だけれど、これ、幼稚園で紙芝居で見た時、なんだか、大人な話だなって思った。

at_home-20080706-2.jpg
「トコロデ フタリハ ドコデデアッタノ?」

そうなんだよね~。 昔の話って、随所に不思議がたくさんだよね。

それはそうと、7月7日に二人を会わせるために天の川に橋をかける鳥、知ってる? 

カササギです。

カササギって、故郷、佐賀県の県鳥で、私達は、かちがらすって呼ぶ事が多い。
普通のからすより、ちょっと、小さくて、パンダみたいに、白と黒で、かわいいの。
カチカチと鳴いて、縁起がいいから、豊臣秀吉のお気に入りだったとか。
私は、小学校の時に(え~らい古い話)、調べものをして、統計グラフコンクールに出展して入選したので、勝手ながら、親近感があり、かちがらす贔屓だ。
一般に、ロマンチックと言われる、七夕の物語で、二人のラブの架け橋となるのが、かちがらすだということで、私にとっての七夕のイメージは、かちがらすなのだ。

at_home-20080706-3.jpg
「ソリャ、ソウトウ ジブンカッテナカンジ。」

そうだね、私もそう思う。

七夕の紙芝居では、細かい話をされなかったから、織姫と彦星のその後については、知らないんだけれど、誰か知ってますか?
一生、年に一回会うだけなのかしら? それって…

悪くないね。

と、真面目にコメントしたのは、私の友人。
だってさ~、ソレ以外の364日は、自由なんでしょ~??
さらには、何をやっているか、お互いに確認しようがないんだから、
トラブルにもならないしね。 結婚とか、家を構えるとか、親戚の法事とか、
責任をとるとか、何も起きようも無いし。
う…。  相当、大人な領域に入って来た。

彦星さん、明日は晴れるかな? 二人が、変わらぬ関係でいられると良いね。
今年当たり、織姫が、ゼクシィを手に持っているかもよ~!

at_home-20080706-4.jpg
「クワバラ クワバラ…」

スポンサーサイト

| もろもろ・・・ | 21:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。