PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

楽しい一日?

朝夕は、過ごし易いかな?と思わせて、また急に、今日は暑かった!
私がいつも楽しみにしている、在ニュージーランドの方のブログにおジャマしたら、
全く反対に、「先週は過ごし易く、寒さのピークも終わったと思ったら…」というような内容の記事が出ていた。 真逆なんだね~。 と改めて思った。


at_home-20080813-5.jpg
*注:ゴマちゃんではありません。

昼間は暑くて、散歩も出来ない小豆サン。
朝のドッグランでも、余り動かずで…、運動不足かと、アソビに誘うと、即快諾。

at_home-20080813-1.jpg
「ヒッパリッコ ヒッパリッコ!!」

at_home-20080813-3.jpg
ガウガウ言って、真剣に?ヒッパリッコに取り組む。

at_home-20080813-2.jpg
ほとんど宙づりに出来そうなくらい。
こんなんでも、「放せ!」といえば、あっさり放してくれる。
おー、ちゃんと遊べるもんだねぇ。

外では、近所のワンパク坊主君が、ママと一緒に自転車の練習をしているらしい。
いつも元気な彼。
泣き声を張り上げながら、補助輪を外した自転車と戦っている。

「ママのこと、だいすきだけど~、じ、じてんしゃ、しゃ、こ、こわい、い、いっ」

言ってることがめちゃくちゃだよ、ワンパク坊主君。
そうそう、最初の頃ってさ、まっすぐ走りたいのに、一番行きたくない、塀とか、電信柱とかに吸い寄せられるものだよね。 我が家の娘は、4歳で補助輪がとれた。 補助輪無しで走れるけれど、止まれなかったから、毎回、わんぱく坊主君と同じように、半べその声で、

「とめて~、とまれないからぁ~っ!」

って叫びながら、私に飛び込んできたなぁ。 懐かしい。
彼女は、自転車と一輪車に関しては、すごい努力家だった。 

小豆サンとのヒッパリッコのバックに、ワンパク坊主君とママの自転車特訓を聞きながら、

at_home-20080813-4.jpg

なんだか、妙に懐かしい気分になった。

自転車か…。
私は、どうやって乗れるようになったかなぁ?
何でも、3歳年上の兄のお下がりで、自転車もご多分にもれず、お下がり。
真理ちゃん自転車が大ヒット中の中、私は、サドルが黒い、兄の自転車で、三角乗りしてた。 三角乗りしないと、足が届かなかったから。 今のコみたいに、体にぴったりの自転車をもっていた訳じゃないけれど、いつの間にか乗れていたような…。
*三角乗り: 自転車の、車体の骨組みの、三角形の内側に足を通して、反対のペダルを踏む乗り方をこう呼んでました。 つまり、曲芸の様に自転車を倒し気味にして乗るので、大人の目には、危ない様に見える。 良い子はやらない様にしようね!

泣きながら、しばらく頑張っている彼を心の中で応援しながら、小豆と遊ぶ。
途中でアゴ休めに、あそびのようなトレーニングのようなのをやったりして、頭も活性化!

そんなわけで、夕食後には、ゴマちゃんになっちゃった。

at_home-20080813-6.jpg

気持ち良さそうだねー!

at_home-20080813-7.jpg
口からお漏らし、気をつけてよぉ?

スポンサーサイト

| ハッピー小豆、ひなた、そしてコマ♪ | 23:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。